強火で進め

このブログではプログラム関連の記事を中心に書いてます。こちらで( http://blog.livedoor.jp/tsuyobi-outdoor/ ) アウトドア関連の記事も書いてます。

コナミの夏割が地味にスゴイ

コナミが夏休みに合わせて、「夏割」といういわゆるPlayStation the bestの様な廉価版をリリースしたみたいです。

人気作品をベストプライスで「夏割」1,980円
http://www.konami.jp/natsu2010/natsuwari/

これがなかなか地味にコナミのスゴさを感じました。ラブプラスアーケードのロケテスト(実際のリリース前の市場テスト)が行われたこのタイミングでラブプラスの廉価版をしかも1980円という価格で出すとは… てのも無い事は無いのですがそこではありません。パッケージです!!

そして、そのパッケージがこちらです。

ハイ、特に違いが見当たりませんね。そうなんです今まで売られていたものとパッケージが同じなんです。

もちろん、廉価版なのでそれをアピールする必要が有り、この「夏割」シリーズでもちゃんとそれは行われています。どうやっているかというと至って簡単、紙ジャケットが製品に被せて有って上下をセロハンテープで止めただけでした。

自分が関心したのはここでした。今までの廉価版はこの様に製品のジャケット自体がリニューアルされています。

また、コナミ自身もこれまではこの様にパッケージ本体の紙、自体に変更を加えていました。

今回も一見、同じ様に見えますが紙ジャケットが被せて有るだけで製品自身には変更は無い様です。

今までの様に製品そのもののパッケージを変える場合、工場で現在作成中のものや倉庫の現行製品はどうするのかという問題が発生すると思いますが今回の方法であればそのようなものにも後から紙ジャケットを被せればOKです。

あと、実際にやってるかどうかは分からないですが廉価版が出たときにショップの店頭に有る現行商品をどうするのか?という問題も有りますがそれも紙パッケージだけショップに送り、ショップ側で紙パッケージを被せて貰うという方法も取れるかと思います。

この方法、一見ちょっとした変更ですがかなり注目に値する事だと思いました。

この様な小さな事はあまり、考えて仕事していない社員だと今までと同じで進める事に何の疑問も発生しないところですが「こういう小さな所までもしっかり考えて働いている社員が居るコナミはこれからも安泰そうだなぁ」との印象を受けました。昨今のラブプラスの多方面への展開具合も合わせてw(これも「なんか余計な仕事増えるの嫌だなぁ」っていうモチベーションの社員が居る会社だとこれだけ上手く、幅広く展開できないと思います)

ちなみに今回自分が購入したSILENT HILLAmazonで確認するとイマイチ不評だったみたいで元のやつが(自分が確認した時点で)1750円で売ってました。現行品の方が安いじゃんorz

うわーん、どこが不評だったか分析して元をとってやるーーーー

ラブプラス ベストセレクション

ラブプラス ベストセレクション