強火で進め

このブログではプログラム関連の記事を中心に書いてます。こちらで( http://blog.livedoor.jp/tsuyobi-outdoor/ ) アウトドア関連の記事も書いてます。

Unity 5 がリリース。無料版の機能制限撤廃や有料版で使える機能(サービス)追加など大きな変化あり

かなり長いベータ期間&RC期間が有った Unity 5 の正式版が遂にリリースされました。

Unity 5 からはライセンスが Personal Edition と Professional Edition と成りました。

Personal Edition (無料版)

Personal Editionは今までの無印の Unity (通称:Free版)に当たるものです。

今まではPro版に比べ、機能制限が有りましたが Unity 5 からは制限が無くなりました。プロファイラー機能やテクスチャへのレンダリング、 Image Effect 機能も利用可能です。作成したアプリの起動時の Unity のロゴが表示については引き続き表示されます。

Unity 5 Personal Edition では エンジンの全ての機能 が使えます: Unity 5 で追加された全ての新機能も、以前のリリースでプロ向けに愛された機能も、(新しいPersonal Editionのスプラッシュスクリーンと共に)全部のプラットフォームで使えます。

Personal Edition
http://unity3d.com/jp/unity/personal-edition

Unity 4 の頃と同様に昨年度の売上が US$100,000 を超える場合にはPro版を使用する必要が有ります。

Professional Edition (有料版)

Personal Edition と Professional Edition の比較ページなどではサブスクリプション(月額プラン)しか記載が無いため、買い切りが無くなったのかと思いましたが Unity 5 でも引き続き、買い切りプランも有る様です。

料金は買い切りが $1,500(150,000円) 。サブスクリプションが $75(7,500円)/月 。

日本円表示に切り替えると買い切りが 150,000円 。サブスクリプションが 7,500円 。

Unity - Store
https://store.unity3d.com/products

しかし、日本の Unity のサイトは買い切りのみ価格表示で値段も 162,000円 。

Unity: オンラインストア
https://store-jp.unity3d.com/

この差はもしかして円安具合は本家サイトに反映されてない?って思っちゃいましが実際には消費税分の差との事です。確かに 8% 多い価格に成ってますね。

(3/4 追記)
※2015年5月1日より:194,400円(税込)に変更されるそうです。

Unity - Unity PRESS RELEASE – Unity、ゲームエンジンUnityの最新バージョン Unity 5を公開
http://japan.unity3d.com/blog/press/20150304

(追記ここまで)

Professional Edition だけに提供されるものとして以下のものが有ります。

  • チームライセンス : 無料
  • Cloud Build Pro : 1年間 無料
  • Analytics Pro 無料
  • Asset Store Level 11 : 無料

Professional Edition を購入していない人でも別途以下の料金で利用可能。

  • チームライセンス : $20/月
  • Cloud Build Pro : $25/月
  • Analytics Pro $25/月
  • Asset Store Level 11 : $19/月

Asset Store Level 11 とは Asset Store の Level 11 というページで無料の Asset を手に入れたり、ディスカウントされた Asset の購入が出来るサービスです。

また、今までは別途購入が必要だったチームライセンスが無料に成りました。これで Asset Server を使った簡単なバージョン管理の導入の敷居が低く成りましたね。

Professional Edition
http://unity3d.com/jp/unity/professional-edition

払い戻し

Unity 5 をプレオーダー人の中には「起動時のロゴ表示が有るだけで全機能使えるなら Personal Edition でも良かったのに」という人も居るかも知れません。その様な方向けに期間限定で払い戻しも行われる様です。申請期限は2015年5月1日までなのでご注意下さい。

詳細はこちらの以下の部分を参照下さい。

Unity 5 Professional をプレオーダーしたのですが、Unity 5 Personal Edition を使いたいです。どうすればよいですか?

Unity 5 の主な新機能

関連情報

Unity Cloud Build

Login : Unity Cloud Build : build.cloud.unity3d.com : Unity
https://build.cloud.unity3d.com/login/?destUrl=https%3A%2F%2Fbuild.cloud.unity3d.com%2Fprojects%2F



Analytics Pro (現在ベータ)

Unity - Unity - Analytics
http://unity3d.com/jp/unity/analytics

Unity - What's new in Unity 5.0
http://unity3d.com/unity/whats-new/unity-5.0

Unity - Unity PRESS RELEASE – Unity、ゲームエンジンUnityの最新バージョン Unity 5を公開
http://japan.unity3d.com/blog/press/20150304

Unity5 3Dゲーム開発講座 ユニティちゃんで作る本格アクションゲーム (Smart Game Developer)

Unity5 3Dゲーム開発講座 ユニティちゃんで作る本格アクションゲーム (Smart Game Developer)