強火で進め

このブログではプログラム関連の記事を中心に書いてます。

エディタをUnity 3.3以前のUnitronに戻す方法

Unity 3.4ではデフォルトで起動するエディタがUnitron(Macの場合)からMono Developに変わった様です。

Mono Developはブレークポイントも張れて、ガッツリプログラムする時はとても役に立つのですがちょっとした物を作ったり検証したりする時は起動が遅いのが気になります。

その為、自分は基本はUnitronで作成し、ガッツリやる時はMono Developという使い分けをしていました。そういう自分にはこの変更はちょっと困るので早々にエディタ設定をUnitronに戻しました。

設定の変更はショートカット command+, で設定を開き、「External Script Editor」の項目で設定出来ます。

UnitronはUnityアプリと同じフォルダ( /Applications/Unity/ )に有ります。