強火で進め

このブログではプログラム関連の記事を中心に書いてます。こちらで( http://blog.livedoor.jp/tsuyobi-outdoor/ ) アウトドア関連の記事も書いてます。

Live Photos(ライブフォト) の仕様について軽く確認してみました

Live Photos は iPhone 内部では .mov と .jpg ファイルとして保存されているみたいです。

iOS 9 の頃は OS X にデフォルトでインストールされている「イメージキャプチャ」などでも .mov と .jpg の両方のファイルを取得可能でしたが現在の最新版で有る iOS 9.0.2 では .jpg ファイルしか表示されなくなってしまいました(OS X は Yosemite の環境で確認)。
上記、勘違いでした。取得可能ですがタイミングによっては上手く取得出来ない事が有るみたいです。 .mov が表示されず、 .jpg しか表示されない場合は iPhone の接続し直しをしたり、 Mac の再起動などを試してみて下さい。

Windows マシン(OS は Windows 7 のもので確認)の場合には PC と iPhone を接続し、マウント状態にすると .mov と .jpg の両方のファイルを取得可能でした。


JPEG ファイルの解像度は 4032x3024 で、.mov ファイルのコーデック情報はこの様に成っていました。

動画の長さは 3秒 、縦向きで撮影したにも関わらず、解像度は 1440x1080 。 JPEG ファイルみたいに向き情報を別途、持ってるのかな?

エクスプローラー上では動画のサムネイルは横向きで表示されましたが VCL で再生した時にはちゃんと縦向きで再生されました。

関連情報

📷 mov/jpegからのLive Photo生成 - みずぴー日記
http://mzp.hatenablog.com/entry/2015/10/11/172217