強火で進め

このブログではプログラム関連の記事を中心に書いてます。こちらで( http://blog.livedoor.jp/tsuyobi-outdoor/ ) アウトドア関連の記事も書いてます。

Android アプリに RenderDoc を接続する方法(Windowsの場合)

ここでは現在の最新版である RenderDoc 1.16 での設定方法を解説します。

RenderDoc のインストール

RenderDoc の公式サイトでここのボタンを押してインストラーを入手してインストールします。
f:id:nakamura001:20211007162912p:plain

Android と RenderDoc を接続

事前に以下の環境を整えておいて下さい。

  • Androidバイスは「開発者モード」が有効になっている
  • PC に adb(Android SDK)がインストールされている
  • Android Studio などでアプリにアタッチして行う処理を行っていると接続に失敗します。終了させておいて下さい

Androidバイスを PC に繋いだ状態でRenderDoc を起動し、画面の左下に有る「家」のアイコンをクリックします。
以下の様に接続している Androidバイスの名前が出てくるのでクリックします。
f:id:nakamura001:20211007164101p:plain
※ PC と Androidバイスの接続状況は RenderDoc のメニューから Tools > Manage Remote Servers と選択すると確認できます。

接続が成功すると Androidバイス上で自動的に RenderDoc が起動し、 PC 側の RenderDoc では「家」アイコンが有った場所がこの様な表示に切り替わります。
f:id:nakamura001:20211007171604p:plain

Android アプリ(パッケージ)と接続しアプリを起動

「Launch Application」というタブを選択。Executable Path の所の「...」ボタンをクリック。
f:id:nakamura001:20211007165106p:plain

するとこの様な表示になりますので矢印の所に表示されているパッケージ名から接続したいアプリのものを見つけます。
f:id:nakamura001:20211007165845p:plain
※ここで PC 内のフォルダが表示される場合には Androidバイスとの接続が切れています。再度、接続作業を行って下さい。

パッケージ名を選択すると右側に Activity が表示されるので接続したいものをダブルクリックします。
f:id:nakamura001:20211007170055p:plain

「Executable Path」に選択したものが入力されている事を確認し、「Launch」ボタンを押します。
f:id:nakamura001:20211007170341p:plain

描画情報のキャプチャ

新規にタブが追加され、この様な状態になります。「Capture Frame(s) Immediately」ボタンを押して、現在の描画情報をキャプチャします。
f:id:nakamura001:20211007170508p:plain

キャプチャが終わるとここにアプリ画面と同じサムネイル画像が表示されるのでダブルクリックします。
f:id:nakamura001:20211007171040p:plain

これで情報を持ってくる事ができました。後は「Texture View」など開き情報を確認して解析を行います。